• TOP
  • 地域連携事業
  • 10/23「イスラームの発展の歴史を考える:宗教と文明の間から」

地域連携事業

10/23「イスラームの発展の歴史を考える:宗教と文明の間から」

アジア・新興国プログラム連続セミナー

「イスラームの発展の歴史を考える:宗教と文明の間から」

を開催します。


いまやイスラーム教徒は世界に約15億人。
だが、イスラーム過激派による紛争やテロばかりが注目され
ごく普通のイスラーム教徒の姿はなかなか見えてこない。


本セミナーでは、日本のイスラーム研究の第一人者である
私市 正年 教授(上智大学 名誉教授)に、
イスラームの誕生から今日の世界的広がりまでの発展の歩み
そして世界宗教の中でイスラームだけが拡大し続けている背景や
様々な問題を投げかけている理由を、
イスラームが持つ宗教と文明の両面性からお話しいただきます。

事前申し込み

申込不要

参加費

無料

開催日

平成30年10月23日(火)

講演時刻

10:30~12:00

場所

愛知県立大学長久手キャンパス H棟 H005教室

交通アクセス

地下鉄「藤が丘」駅から八草行きリニモ「愛・地球博記念公園」駅下車徒歩5分

愛知環状鉄道「八草」駅から藤が丘行きリニモ「愛・地球博記念公園」駅下車徒歩5分

※公共交通機関をご利用ください。

講師私市 正年 氏(上智大学 名誉教授)
問い合わせ先

愛知県立大学研究支援・地域連携課

電話 0561-76-8843(電話での申込みはできません)

メール renkei[at]bur.aichi-pu.ac.jp([at]を@に変えてお送りください)