インターンシップとは

インターンシップとは、学生が在学中に、企業等において自らの専攻やキャリアに関連した就業体験を行うことです。

インターンシップの目的

実際の職業生活に接することにより、職業意識の向上、学習意欲の喚起、現代社会に対する理解を深めることを目的とします。

インターンシップのスケジュール

4月 中旬 インターンシップガイダンス(1年間の予定)、心構えとエントリーの方法
6月 上旬 事前研修(ビジネスマナー)
選考(マッチング)結果発表
8月~9月 インターンシップ実習
1月 下旬 事後研修(体験報告会、反省会)
注)実習は春休みに行う場合もあります。

インターンシップの参加方法と注意

受入機関の見つけ方

1.東海地域インターンシップ推進協議会を利用する。
2.大学に直接案内があった企業に応募する。
  キャリア支援室にファイリングしてありますので閲覧してください。
3.各自独自に企業を探し応募する。
4.情報会社、NPOなど各種関係団体から見つける。

注意事項
いずれの方法でも大学を通して企業・個人・大学の就労に関して基本的な取り決めをし、覚書を交わし、保険に加入することが求められます。
本学では、単位認定を伴うインターンシップ制度を設けております。
授業科目「インターンシップ」 [2・3年生対象(通年2単位)]
「インターンシップ」は、教養教育科目のキャリア教育科目の一つとして開講します。

インターンシップを受け入れていただける企業様がおられましたらキャリア支援室までご連絡お願いします。