地域連携事業

スペイン・カタルーニャ問題の要因と現状

この講演は終了いたしました

2017年10月1日、

スペイン北東部に位置するカタルーニャ州で、

スペインからの分離独立の是非を問う住民投票が行われ、独立が宣言された。

約1年が経過し、

現在の政治情勢と経済状況を明らかにし、問題の要因を探る。

事前申し込み

申込不要

参加費

入場無料

開催日

平成30年10月4日(木)

講演時刻

16:10~17:40

受付開始時刻

受付開始16:00より

場所

愛知県立大学 長久手キャンパス

学術文化交流センター 小ホール

交通アクセス

リニモ「藤が丘」駅から八草行き「愛・地球博記念公園」駅下車 徒歩3分

リニモ「八草」駅から藤が丘行き「愛・地球博記念公園」駅下車 徒歩3分

※公共交通機関をご利用下さい。

講師アドリア―・アルジーナ氏 (カタルーニャ中央大学准教授・カタルーニャ国民会議書記)
問い合わせ先

愛知県長久手市茨ヶ廻間1522-3

愛知県立大学 研究支援・地域連携課

Tel:0561-76-8843

Eメール:renkei@bur.aichi-pu.ac.jp