教職支援室案内

愛知県立大学には教員を目指す皆さんをサポートする組織として「教職支援室」があります。
「教職支援室」では以下のような様々な取り組みを通じて皆さんの学びや体験を支援しています。


教職課程ガイド『県大で学んで先生になろう。』

自主学習環境の充実

教員に必要な知識・能力を身につけるには、授業に加え、自律的な学びが重要です。また、教員免許状の取得に必要な教育実習を行うには事前の準備が不可欠です。本学では教職教材作成室に先輩が教育実習で作成した学習指導案を始め、教員採用試験問題集など様々な資料を準備し、教員を目指す学生が教育実習の準備や自主学習を行う環境を整備しています。

スクールボランティア

スクールボランティアとは学校における教育活動に教員を目指す皆さんがボランティアとして参加し、子どもたちの学習支援・発達支援を行うものです。実際の教育の現場を経験・学習できる貴重な場であり、学校や子どもたちからも大きく期待されています。
愛知県立大学では教職支援室を窓口に、近隣小中学校でのスクールボランティア活動をサポートしています。なお、スクールボランティアは教員免許状取得に必要な単位の一部とすることもできます。

ガイダンス・個別履修相談

教員免許状を取得するには、卒業に必要な単位とは別に免許状に必要とされる単位を修得しなければなりません。
愛知県立大学では年度初めや教育実習前など定期的にガイダンスを実施し、皆さんが教員になる夢にむかって着実に学びを進めていけるように継続的な支援を行っています。また、皆さんが取得を希望する免許状に応じて最適な時間割を組むことができるように、履修相談の時間を設けて個別に指導を行っています。

教員採用試験対策

大学を卒業し、教員免許状を取得しても、教員採用試験に合格しなければ実際に教壇に立つことはできません。教職支援室では豊富な教員経験を持つ講師による教員採用試験対策講座(面接・集団討論・論作文対策)や採用試験合格者による報告会などを行っています。また、愛知県・名古屋市など近隣自治体の教員採用試験説明会も開催しています。